初宮詣・七五三・厄除・方位除・交通安全・安産・縁結び・商売繁昌・合格祈願・除災招福・病気平癒・ペット健康祈願は、埼玉県川口市の朝日氷川神社

〒332-0001 埼玉県川口市朝日1-3-15 tel.048-222-4437 fax.048-222-4497

イメージ

豆 知 識

日本の神様

神道と暮らし

参拝の作法

神社の雑学

お問い合わせ

TEL.048-222-4437
FAX.048-222-4497

〒332-0001
埼玉県川口市朝日
1-3-15

神社・神道についてのよくある質問

神道と暮らし
神道と日本人の暮らし

神道の起源は、諸説あり明確ではありませんが、その形成期は、日本民族の誕生と稲が密接なつながりを持つ縄文時代と推測されます。
古代、日本人は稲作農耕などを通じて、自然と関わり生活を営んできました。自然の大いなる力は、人間にあらゆる恵みを与える反面、 時には水害や日照り等猛威をふるいました。人々は、そういった自然現象に「神」の存在を感じ、自然の運行や生産力など人間生活の基盤を支える力が、日本の神々によって創り出されると信じられていました。
稲作農耕には、開墾や水路の維持など、たゆみない共同作業が必要となり、共同体が形成されました。共同体では、五穀豊穣や共同体の繁栄、平穏を神に祈る為に清浄な岩、木、山などを神座とし祭りをおこない、 祭りの準備、執行の過程の中で、人々は共同体の協力体制や団結力を培い、そして増していったことが推測され、神道の祭りが共同体を統合する働きがあったと捉えられています。
やがて、祭りを行った場所には建物(社:やしろ)が建てられ、神社が誕生しました。このように各地で発生した神々への信仰(神道)は日本人の生活様式の中で、自然発生的に形づくられて来たもので、 三大宗教とは異なり無教祖、無教義、無戒律の生活の中から取り入れられた日本固有の民族信仰といえます。また、神道には「八百万の神」と云あわれるように、たくさんの神々がお祀りされています。
海、山、川、雨、風など自然を司る神々や衣食住や生業、国土開拓を司る神々、さらには国や郷土に尽くした方々、家を見守る先祖の御霊も、神として祀られています。「古事記」や「日本書記」には、 神々の系譜や物語が今日に伝えられています。神道の信仰を形としたものが祭りです。
日本人の生活の中核をなす稲、これを中心とした五穀の豊穣を春に祈り、夏に自然の猛威がないことを祈り、 秋に収穫を感謝するなどがあり、地域を挙げて行われ、お神輿や山車が繰り出し、たくさんの人が祭りを楽しんでいます。また、皇室においても天皇陛下が国家、国民の安寧、そして世界の平和を祈る お祭りが行われています。

自然を守り、自然の恵みを頂く「天の恵み地の恵み」そして地域の人々が、「人と人とのお陰様」の心を持ち、一体感を高めその地域に小さな和が出来る、やがて小さな和は 結びつき大きな和と成り、大和国=日本が造られる。そして限りない国の発展を祈ることが神道のもつ理念の中核にあり、この事が神々への信仰と一体となって神道が形づくられています。
神道は、古来より日本人の生き方に深く影響し、日本の民族宗教といわれるように、現代においても暮らしに溶け込んでいます。

Copyright(c)asahi hikawa jinja all rights reserved

初宮詣・七五三・厄除・方位除・交通安全・安産・縁結び・商売繁昌・合格祈願・除災招福・病気平癒・ペット健康祈願は、埼玉県川口市の朝日氷川神社

由緒・ご祭神

ご祈祷・厄払い

お祭り・行事

神社の豆知識

予約・交通案内

ペットの健康・長寿のご祈祷