初宮詣・七五三・厄除・方位除・交通安全・安産・縁結び・商売繁昌・合格祈願・除災招福・病気平癒・ペット健康祈願は、埼玉県川口市の朝日氷川神社

〒332-0001 埼玉県川口市朝日1-3-15 tel.048-222-4437 fax.048-222-4497

イメージ

豆 知 識

日本の神様

神道と暮らし

参拝の作法

神社の雑学

お問い合わせ

TEL.048-222-4437
FAX.048-222-4497

〒332-0001
埼玉県川口市朝日
1-3-15

神社・神道についてのよくある質問

神社の雑学
神社のご祈願

国家の安全や五穀豊穣など、神社では国の政(まつりごと)にかかわる祈願を行っていました。 現在のような個人祈願は、平安中期頃の陰陽師によって始められたと考えられ、個人祈祷は歴史的に様々な変遷を見ながら現在のように神社の神主さんによるご祈願が一般的な形となっています。

玉串について

玉串の由来は、『古事記』の天の岩戸(あまのいわや)隠れの神話にあり、 天照大御神の岩戸隠れの際に、真榊に玉や鏡などをかけて神々が祀りをおこない、天照大御神の出御を仰いだと記されています。 玉串は神前にお供えする米・酒・魚・野菜・果物・塩・水等の神饌と同様の意味があるばかりでなく、 祀られる神と祀る人との仲立ちとして人の願いと魂のこもった供物として重要な意味があります。

神社の鈴

参拝者が振り動かす社頭に設けられた鈴は、神霊の発動を願うものとされています。 巫女が神楽舞の際に用いる神楽鈴も同様で、古くは巫女が神楽を舞うことにより神憑りし、神の 意思を伝えるものとされていました。 参拝者に対しての鈴振り行事は、祓い清めとされています。また、魔除け、厄除けのためともいわれています。

神聖な鳥居

鳥居の内側は御神域で、鳥居はその境界を示すものです。 起源については、天照大御神が天の岩屋にお隠れになった際に、八百万の 神々が鶏を鳴せ、この時に鶏が止まった木が鳥居の起源であるとされてます。 材質、構造も多種多様で一説には60種類の形態があるとされています。

おみくじの扱い方

「おみくじ」はいつも吉凶のみに注視されがちですが、今後の生活指針として捉えるべきものです。 凶を引いたとしても、あらためて神様にご加護をお願いし、おみくじの内容を参考にし、自分自身、努力してくことが大切です。 引いたおみくじは帰りに境内の「おみくじ結び所」結びますが、教訓として持ち歩き、その後神社に納めても構いません。

お賽銭の意味

金銭が流通する以前、御神前には海や山の幸とともに、お米も白紙で包む「おひねり」としてお供えしました。 その後貨幣の流通とともに米の代わりに、金銭が供えるようになり、 祈願成就のお礼参りの際、「報賽(ほうさい)」として奉った「おひねり」は参拝にも供え物の一種として代用されはじめたのが「賽銭」です。

Copyright(c)asahi hikawa jinja all rights reserved

初宮詣・七五三・厄除・方位除・交通安全・安産・縁結び・商売繁昌・合格祈願・除災招福・病気平癒・ペット健康祈願は、埼玉県川口市の朝日氷川神社

由緒・ご祭神

ご祈祷・厄払い

お祭り・行事

神社の豆知識

予約・交通案内

ペットの健康・長寿のご祈祷